眼鏡売りの少女春菜

眼鏡が一個も配れないまま家に帰ることはできません。あまりの寒さに、眼鏡売りの少女はしゃがみ込んでしまいました。 「そうだ、眼鏡をかけてあたたまろう」 少女はそう言って、眼鏡を取り出しました。とつぜん目の前に、赤々と燃えるストーブが見えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です